ワールド・トレード・センター
WORLD TRADE CENTER

監督:オリヴァー・ストーン
出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ
2006年/アメリカ/129分

ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション

2001年9月11日、港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリンと署員のウイル・ヒメノらは、同時多発テロの被害を受けたワールド・トレード・センターへ駆けつけた。
勇気そして生還――これは、真実の物語。



飛行機がビルに突っ込む、大きな影。
予告で見たときはぞわっとした。。。
でもスクリーンでは私は違うところを見てしまった。
『ズーランダー』の看板があるーー!!
そうか、、あの作品は2001年のだったのか。。。同じUIPだしな。

うん、そんな妙に冷静に観ている自分がいた。
一因にはこの2人が奇跡的にも救出されることを知っているから、ということも。

別に悪いとかつまらないとか云うのではない。
むしろビルが崩壊するパニックと変なお涙頂戴でなくて良かった。
それを一番危惧していたから。
予告では”テロ=大きな悪”というイメージだったし。

実体験を忠実に描いて、政治色なしの作品だと思うけれど、
9.11としてでなく、映画としてならどうだろう?
助け合い支え合う姿は純粋にすばらしいと思えたが、、、
「アカデミー賞有力」と云われる映画特有の雰囲気。
(誉めてるか貶してるか、どちらでも好きにとって)

ひねくれててごめんなさい。

人気ブログランキング

いつもありがとう、ぽちっと。

CGで再現されたワールドトレードセンターは、
今もそこにあるかのような錯覚に陥る迫力。
もちろん実際の映像やニュースもはさんで”あの時”が鮮明に甦る。
そのワールドトレードセンターが煙を噴き、
舞い散る書類、靴、ビルから落ちる人。
状況もつかめずにただ未曾有のことに戸惑い焦り、
顔を埃で真っ白にして血を流す署員たち。。

主人公2人が、生存者を助けながらも自分が埋まってしまうのかと思ったら
WTCに入って救助に向かう途中、 誰も助けないうちにビルが崩壊。
途中からは災害救出映画ではなかろうか。。
だから、、、、殆どが瓦礫の中でのシーン。
真っ暗闇で二人とも生き埋め。
これ誰??
と思うほど何が起こってるのやらわからないときも(汗

そこに危険を顧みずにレスキュー隊員たち。
そして何かせずにはいられず唐突に現れた海兵隊員。
そんな存在が彼らを助けた、
同僚と場所を変わった為に、自分は助かり同僚は死んだ、
偶然の少しの組み合わせ。。

その瓦礫の中の2人と、彼らを待つ家族が交差する。
どちらも”待っている”。
その想いは辛い。。

でも、病院で「私の夫は救出中なの」と云うジョンの妻、
相手の人は生存すらわからぬ息子を待ってるのになんてことを言うのかと。
そしておおはしゃぎで病院に駆けつけるウィルの家族。
喜びは分かるけれど、、、それもちょっと、ねぇ。。
行方不明者の張り紙の多さを見て、
言葉なく自分達がいかに幸運であるかを知るわけだが。


こうやって信じながらも救出されずに亡くなった人もいる、
そんなことばかり考えてしまった。
こんな絶望を味わった人が、2749人とその家族の数だけいる、と。。

人気ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
最後にぽちっと応援していただけたら嬉しいです♪


ニコラス・ケイジ、痩せた姿を見られるのは冒頭の少しだけ。
後はずっと顔しか映らない。
髪の毛も映らない。
それでも熱演。

マイケル・ペーニャ、透明マントで守られているのか・・
それにしても、この人の娘役、またかわいいコだったなぁ。。

そうそう、政治色はなかったけれど 、
ブッシュの映像が出てきたときは何故か怒りが。なぜか、、ね。


ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション ワールド・トレード・センター
スペシャル・コレクターズ・エディション


ニコラス・ケイジ オリバー・ストーン マイケル・ペーニャ

おすすめ平均