乙女の祈り Heavenly Creatures

監督:ピーター・ジャクソン
出演:メラニー・リンスキー、ケイト・ウィンスレット、サラ・パース、ダイアナ・ケント、 クライヴ・メリソン

1994年/ニュージーランド・アメリカ/100分

  乙女の祈り

多感な女子高生の幻想と現実。自分達の夢の世界に溺れ、その領域を侵すものを抹殺しようとする。
実際の事件を基にした心理ドラマ。

 

ピーター・ジャクソン監督の心理ドラマ、ってどうなんだろう、、と。
だってヲタク監督なイメージしかなかったからさw


なるほど、、、心理ドラマでもこうなるんだ。

彼女達の妄想世界、粘土人形達だけの世界へ入っていくさまが
幻想的で不気味で、、、
ピーター・ジャクソン色が見事に出てるw

ケイト・ウィンスレットの映画デビュー作でもあるらしいけど、
最初に出てきた姿を見てその垢抜けなさにびっくり。
しかし彼女はこのとき既に19歳。
14歳から16歳の少女というには・・・ちょっとね(;´∀`)
この3年後にはタイタニックですっかり美しくなってるんだから、
ほんと女って怖いww
 

 

ブログランキング←私の古傷に触れる前にポチッと!


誰でも誰かを殺してやりたいと思ったり、
死んでしまえばいいのに、
と思ったことは一度くらいあるでしょ。

それを首がちょーんと飛んでいく想像で済ませるか、
実際に行動してしまうか、というのは小さくて大きな違い。
(最近はその箍が外れやすいコが多い気がするけれど、そこんところは専門家でもなんでもないので、多い気がする、だけで言及しないでおくよ。)


特に思春期の少女って少なからずこういうこと考えてる。
自分が特別であると感じたり、好きな世界に閉じこもったり・・。
ここでもそうだけど、クラスに数人居る
”ちょっと変わってるコ”っていうのが私だったりする(恥

ま、とくに女子校に多いと思うが・・・

ポーリーンが日記に書いてることとかやけにわかる(;_ _)

そういや劇中に出てきた 『第三の男』オーソン・ウェルズ。
白黒の彼が映画からぬけて追いかけてくる、
キャァキャァ騒いで周りには「何やってんの?」だろうけど、あれも面白かったなぁ。。
見に覚えアリか?!(恥

説教されてるとき相手の口が動いているだけに見えて精神はどっかに逃避してたり、
誰もわかってくれない!!
と泣いてみたり。 

なんかねぇ、、そういう心理がすっごくうまく表現されてたと思う。

これが実話だとかショッキングだとか重いとか、
そういうことではなくて、、
なんか古傷に触られるような気持ち・・・(;´Д`)ウウッ…


だから彼女達だけに起こった特別なこととは思わない。
大人になって
「そんな青いこと思ってたなぁ~…(*ノ∀ノ)キャッ」
って思うか
一生その一線を超えたことを背負って生きるかは
ちょっとした大きくて小さい違いだけだと思うから。


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑ ↑ ↑
最後にポチッとしていただけたらとっても嬉しいです♪

 

で、このジュリエット、
自分は特別な存在で才能がある!
作家になる、俳優になると言ってたが
実際にアン・ペリーというペンネームでベストセラー作家になっている。
人生どう転ぶかわからんもんだ。

私は気儘を貫いてとうとうちゃらんぽらんに行き着いたが(苦笑