ブレイブ・ストーリー BRAVE STORY

監督:千明孝一
原作:宮部みゆき
声の出演:松たか子(三谷亘・ワタル)、大泉洋(キ・キーマ)、常盤貴子(カッツ)、ウエンツ瑛士(芦川美鶴・ミツル)、今井美樹(運命の女神)

2006年/日本/

ブレイブ ストーリー 特別版

11歳のワタルはごくごく普通の小学生。だが父親が家を出て行ってしまい、母親は倒れて入院。そんなときに転校生ミツルの言葉を思い出し、”幽霊ビル”の階段の上の扉を開ける。扉の向こうに行けば運命が変えられる・・・!そう信じて、扉の向こうの”幻界(ヴィジョン)”で願いを叶えてもらうためにワタルは冒険を始める。

 
これは、ボクの勇気のハナシ。

 

まんま、ゲームの世界ですね。
宮部みゆきがゲーム好きってとこから納得ですが。

RPGとしてプレイしてみたいな、なんて思うのは
私もゲーム好きだからですな。

私は勇者よりも魔術師がいいな、やっぱりw
 


しかしコチラが”幻界(ヴィジョン)”に入りきっていないのに話は進んでしまって・・・。

なんだか ながぁぁぁぁいお話のダイジェストを見ているようでした。


「原作はおもしろいんだろうなぁ」って思ってしまう作品でした。

冒険の心躍るモノが私にはなかったです。

 

冒険や旅の仲間、途中少しは見せてくれるんですが、
ほっとんど割愛されてるのではないでしょうか?

だって、ミツルが焼いてしまった森の中の病院で
あの人が襲ってきたのも唐突だし、
運命の塔での出来事も唐突。

それがね、、嬉しいびっくりではなく、 え?(;・∀・) なのよね。。。。

 

でも「これはボクの勇気のハナシ」だからいいのかもしれない。
その分、主人公ワタルの心情はしっかり描かれてたから。

自分の望みをかなえる為には何をしてもいいの?他人を犠牲にしてもいいの?



そして最後にワタルのたどり着いた答え。

運命は楽しいことや嬉しいことがあって、
その分悲しいことや辛いことがある。
それが運命だ、と。

ここまで自分で気付けるようになるまでワタルは成長した。
知力ゼロ、体力平均、勇気最低、総合評価35点の見習い勇者
ここまで成長した、まさにブレイブストーリー(勇気のハナシ)。
うん、やっぱりこれでいいんだわなw

 

声の出演も あの人の顔が浮かんで仕方ないぃぃぃ~~!!
ってこともさほどなかったし、
作画もキレイ。
ただ音楽は・・・あんまり好みではなかった(;_ _)

 

何度も言うが、冒険ストーリーを期待するといかんよ!
(キ・キーマと会うまでくらいかな。冒険っぽいのは。)
これはワタルの勇気のハナシ!!

にほんブログ村 映画ブログへ

↑↑ ぽちっとクリックPlease♪ 私にも勇気を! ↑↑

 

しっかし、あのラスト、、、やだな(´ヘ`;)
わしがひねくれすぎか・・・・?
ぶち壊し感があるよ。
何も納得も感動もできない安易なHappyで。

ブレイブ ストーリー 特別版ブレイブ ストーリー 特別版
亀山千広 宮部みゆき 千明孝一

おすすめ平均