この間、 「戦国自衛隊1549」 を見てがっかりしたところ。 
だから期待しなかったんだけど、私はこっちのドラマのほうが好みだわ~

思っていたような  戦国 VS 自衛隊 な戦いで。

タイムスリップなんて、もともとありえないんだから こんなGodPowerなタイムスリップでいいんだw 
変に理屈こねるから余計におかしくなってまうんだよ。

 

今度は1600年か~ 
初めての株式会社、東インド会社設立の年だね!
などとまた昔覚えたことがでてくる年号w 


しかし、この自衛隊員たち、歴史詳しいなぁ~

慶長5年、って云われて 関ヶ原の合戦のころだ! ってわかったり、 
旗印を見て 石田光成ってわかったり、 
武将や家臣たちの名前もしっかり覚えてる!!


津川さん演じる家康と、長門さん演じる本多正信 この二人の掛け合いが面白い。
極悪なことしてくる家康なんだけど、憎めないのが不思議w

小早川秀秋、でましたぁぁぁぁ!!! 
やっぱり関ヶ原のキーマンだもんねっ!! 
やっぱり優柔不断でどっちつかずに描かれてるけどw

歴史好きな私からしたら嬉しいこといっぱい♪ 

 

・・・って、私は武将とかはすぐ覚えられるんだけど、現代人の名前覚えるほうが苦手。。(汗

最初から自衛隊員の名前とか地位が テロップ出まくるんだけど
ちぃぃぃーっっともわからん!!!ヽ(´A`)ノ オテアゲ  
みんな目深にヘルメットかぶってるし、同じ格好だしw

でもムリに覚えなくても自然になんとか楽しめたわ(;´∀`)


わりと一人一人が意味のある死に方をしていくし、見せ場をもってるし 辛い場面も多かったね。

戦国時代ど真ん中!!  
猫も杓子も西か東にわかれて、一触即発。
いつ誰から襲われるやら、どこで殺されるやらわからん。
「撃つぞ!」 って云ってから撃ったんじゃぁ遅いのさ。 
「やぁやぁ 我こそは~云々・・・」  なぁ~んて名乗ってた時代ならまだしも(笑  
(それなら源平合戦のころに飛んだらおもしろそうだなぁ~w) 

やっぱり「戻れるかどうかわからない」 っていうところが映画との大きな違いだな。
映画では戻れる、ってわかってたからねぇ、、 緊迫感がなかったさ。 

 

銃の無駄撃ちやめろ! とか 
燃料いつまでもつの? とか 
いくら最新兵器持ってても無防備だよ! とか   
つっこみだしたらキリはないけどね、、、  

それはそれ、これはこれ!!!

これぞ 「ありえないけど面白い!」 って感じw

来週も見ますよ!!もちろん!!

 

反町を見てて 「男たちの大和」を思い出してしまったのは私だけではないはずw!→