先週の第一部に引き続き 戦国自衛隊ドラマ版です。

 

先週、自衛隊仲間が嶋村隊と伊庭隊、真っ二つに分かれてしまった。

 

嶋村さん、大坂方につくだけかとおもったら・・・・

石田光成になっちゃったよ!! Σ(゚Д゚;エーッ 

島左近見せ場がなさすぎ。。。

子供が死ぬシーンはわかってても悲しいなぁ。。 
おっさんたちが死んでも全く平気なんだけど、子供はなぁ。。。ズルイや。

とうとう出てきた、 「俺のご先祖様」!! 
いつかでてくるとは思ってたけど。自分の存在を否定するようなことがw  
宇喜多とは、えらい有名な人がご先祖だったんだなぁ、、。

伊庭は 伊庭八郎か?って思ったけど、こりゃまた時代が違うな、 ちっ!w

 

しかし、何故か先週よりも悲惨なはずなのに、途中から自然に笑いがこみあげてきた。

突然、油の池に入り火達磨の戦車。
「これが戦国時代・・・・・」  
イマイチ説得力がない。。。(汗

戦国時代に幸せ見つけて残る、ってやつまででてきちゃった。

 

特に( ゚Д゚)ハァ? なのがラスト!!!

あれは納得いかんっ!!!!!

神社でコソコソ伊庭がなんかしてたときに、あぁコイツ戻れないな、ってのはわかったけど
なんで小早川が犬死なんだよぉぉぉぉぉぉ 。゚(゚´Д`゚)゚。

死んだらタイムスリップできないの? 
兵器は置いてきちゃったけど、大丈夫なの?

サトエリの座禅の意味は??????!


ちょっと消化不良な感が残ったナリよ。。。(´ヘ`;)