寝ずの番

寝ずの番 監督:マキノ雅彦(津川雅彦)
原作:中島らも『寝ずの番』
出演:中井貴一、木村佳乃、木下ほうか、田中章、 岸部一徳、 富司純子、長門裕之

上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴がいよいよ臨終のときを迎えようとしていた。ところがそこで弟子たちはいかにも咄家らしい粗忽ぶりを発揮し、思いもよらぬひと騒動が巻き起こる――。ともあれ、こうして橋鶴師匠は亡くなり、お通夜の席には弟子はもとより、故人をしのんでゆかりの人々が続々訪れる。やがて思い出話に花が咲く。そして案の定、話の内容は次第に下のほうへと移っていき…。 

 

 

 
い、いやぁ~、、、まさか、まさか
あの人やこんな人やそんな人まで
あんな言葉を連呼するとは・・・(;´∀`)

それでもいやらしくて下品ってこともない。
関西と関東では言い方が違うって聞いてたけど、
関西人の乙女の私としては聞くだけで赤面しちゃうね。

結構内輪で盛り上がっちゃったような気がするけれど
楽しかったw

人気blogランキング
    ↑
ぽちっと私のお通夜も来て下さいな(w


最初に現れた笑満亭橋鶴(長門裕之)が
本当に死にそうでまずびっくりw

「何かやり残したことおまへんか?」
「そ・・そ○が見たい・・」
京都では「そそ」って言うんだ・・知らなんだ。
でも、おかしいって思ってよ!!!!
そういや木村佳乃、あれってパンツマジ脱ぎやったんやてね。
そう思って見ると・・なんともなんとも(笑

今際の際の言葉が「外が見たい云うたんや・・ドアホッ!」
そして3分後にご臨終・・・(-∧-;) ナムナム

つかみから下のお話で始まるけれど、
これは序の口。
とにかくとにかく、
お○○、チ○○、う○○とか
そんな言葉が休む間もなく景気良く襲い来るww

寝ずの番、酒も入ってどんどんどんどん下のお話。

夜だしねぇ、、特に酒が入るとねぇ、、、
まぁ、気心知れた仲間なら当然かもねw

しかも死なはったんも、若くして急逝、ってわけでもないし。

いやでもしかしおいおい、「死人のカンカン踊り」は吃驚したΣ(^∀^;)
死後硬直して出来ないかと思ったら、
結構できるもんなのねぇ。
(※素人さんは洒落にならんので真似してはいけませんw)

思い出話に花を咲かせ、
ムカついたことだって今となっては笑えてしまう。

カメオ出演も豪華で、
マチャアキがあんな曲を歌ってくれるのを聞くだけでも
価値あるかもですよ(* ̄m ̄)ムフフ


それに監督達のコメンタリーがまた笑えるんだわ。
なんちゅーか、、、
ほんま内輪で打ち上げでだべってるようなカンジで
あー、、男っていくつになっても。。。。(; ̄▽ ̄)

にほんブログ村 映画ブログへ←最後についでにぽちっとPINOKIOを応援★

寝ずの番 特別番 寝ずの番 特別番
中井貴一 マキノ雅彦 木村佳乃


おすすめ平均

Amazonで詳しく見る