硫黄島からの手紙
LETTERS FROM IWO JIMA

監督:クリント・イーストウッド
製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ
製作総指揮:ポール・ハギス
原案:アイリス・ヤマシタ、ポールハギス
音楽:クリント・イーストウッド
出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江
2006年/アメリカ/
硫黄島からの手紙 期間限定版
1944年6月、戦況が悪化の一途をたどる中、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。迎え撃つは圧倒的な戦力のアメリカ軍、5日で終わると思われた戦闘に36日間耐え続ける・・・。
硫黄島2部作、日本から見た硫黄島。


ただの涙だけじゃない、
アメリカが描いた日本兵の姿。

人気ブログランキング
     ↑
クリックしてから続きをどうぞ



クリント・イーストウッド監督、ということで
ちょっと見るのを躊躇っていた作品。
とても良い作品ばかりなんだけど、
いつも見終わって・・・・・・・・・となる気持ちが。
決して悪いのではないんだけど、
心にズシンとくるものが私にはいつも重くて。

今回もやはりズシンときましたね。

冒頭、硫黄島で作業する現代の人々。
埋まっている遺品・遺骨、そして手紙を見つける。。

その手紙は、決して届かないと思われた手紙。
硫黄島から故郷の家族、恋人に宛てられた手紙。

そう、結末はわかっている。
だから生き残って欲しいと願っても救いのないことも。

栗林中将のとった作戦は今までの日本軍から考えると型破りなもので、
でもそれが功を奏して持ちこたえるんだけど、
旧体質の人々との確執、
うまくいかない指令系統、、、、。
本当に栗林中将の言うように戦ったなら、何日持ちこたえたんだろう・・?
その地下要塞や戦闘方法、時間の経過などは
ちょっとわかりにくかったかな。。
でもそんな戦闘を見せる作品じゃないんだよな。。

米英軍は意志が弱い、鬼畜、
日本軍は意志の強い神の国、
教育、思い込み、先入観、
栗林中将はアメリカ人を知っていて
それでもこの戦いに意味・意義を見出す。

助けた負傷アメリカ兵士の手紙を読めば
同じように心配する母親の言葉、、。
アメリカ軍に投降し殺される者。
どちらも一様に悪いとは言い切れない、
どっちもその戦争の中にある。


全編、色彩を落として白黒映画のような様相をみせ、
時代感を出すと共に、血の鮮烈な赤さを感じさせないので
かなり過激なシーンでも目をそらさずに見ることが出来る。
というか体が強張って目をそらせない。。
だから特に赤さを感じる国旗は目に焼きつく。

そして突撃し殺し合いになると
アメリカ軍も日本軍も見分けがつかない。
どちらも同じ、、、、。

そんな戦時下での人の感情・行動が、
主に日本側だけだが双方うまく表現されていたと思う。


ただ泣かせるだけのものではなく、
俳優さんも信念を抱き人間的でもある姿。
渡辺謙も二宮和也もそれぞれの良さ。
ただ中村獅堂は・・・どうだろう?汗


ハリウッドがこんな風に日本人を描けることに驚いた。
むしろ日本では描けなかったとも思う。
それもまたただの私の思い込み、先入観・・・。
分かるって難しい。。。

にほんブログ村 映画ブログへ←最後にぽちっとしてください。

西郷のその後と、栗林中将のピストルはどうなったのだろう。。。

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) 硫黄島からの手紙
(特製BOX付 初回限定版)

渡辺謙 クリント・イーストウッド 二宮和也


売り上げランキング : 2
おすすめ平均


硫黄島第一部、アメリカからみた硫黄島↓
父親たちの星条旗 (特別版) 父親たちの星条旗
(特別版)

ライアン・フィリップ クリント・イーストウッド ジェシー・ブラッドフォード

売り上げランキング : 5
おすすめ平均


株式会社ぽすれん