ヒストリー・オブ・バイオレンス
A HISTORY OF VIOLENCE

監督:デイヴィッド・クローネンバーグ
出演:ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、エド・ハリス、ウィリアム・ハート

2005年/アメリカ/96分

小さな田舎町で小さなダイナーを経営するトムは弁護士の妻と2人の子供と共に穏やかで幸せな日々を送っていた。だがある日ダイナーを襲った強盗をトムは驚くべき身のこなしで倒してしまう。一躍ヒーローになった彼のもとに曰くありげな男たちが現れ、トムの過去を知っていると云い一家をつけねらうようになる・・・。

 

バイオレンス映画。
やるほうもやられるほうも同じように傷つく。

そんなこと当たり前やん、
と思うけれど、よぉーく考えてみたらば
映画にしても報道にしてもどちらか一方に肩入れしているもんで
同じように流れる血でも違うように感じてしまう。。。

主人公は強いけれど、ちゃんと怪我もする。
そんなリアル。

人気ブログランキング
    ↑
爆発する前に・・・ぽちっ!


トムがどうやってジョーイを捨てたのかは
はっきりとした描写がないからわからないけれど、(砂漠で捨てたとか云うてたな)
ジョーイの姿は・・・どこか動物的で本能のまま。

マフィアがそんなに簡単にやられちゃっていいの?!
と、すばやい身のこなしで的確に仕留めていく。
特殊部隊出身なのかと思っちゃったよ(;´∀`)

家族を守るために殺した相手のつぶれた顔。
超人的な強さだけれど、ジョーイも怪我をする。

そういうのが普通のヒーローやアクションとは違うとこ。
普通はヒーローは超人的強さで弾が避けて通るし、
倒した敵には温かい血は流れない。
もしヒーローが怪我をしたらたいそう痛いけれど、
敵はモノのように死んでいく。
報道でもそうだもんね。
日本人が怪我したら大騒ぎで、
どこかの国で何十人死のうが「死にました」だけ。

そんな感覚がマヒしていたところに当たり前のリアルがある。


暴力で解決してはいけない、と
息子に教えても、それは説得力がなく・・・。
息子にも同じ血が流れている。

弁護士である妻がそんな過去の男を受け入れられるのか、、
でも帰ってきた家には彼の席があり、
娘は彼のお皿を用意し、息子は料理を勧める。
彼の首筋についた痕からは、ジョーイがしたことが云わずとてわかる・・・。
それでも受け入れられたと思いたい。あくまでも私の希望だけれど。。

過去は変えられないし、捨てたくても捨てられない。
三つ子の魂百まで。

人気ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
最後にぽちっと応援していただけたら張り切ります!


ヒストリー・オブ・バイオレンス 

B000GIWLRG
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る