『大停電の夜に』  
2005年/日本/132分 

監督:源孝志 
出演:豊川悦司、田口トモロヲ、原田知世、吉川晃司

その時、本当に一緒にいたい人は誰ですか

 

クリスマスイブ、大規模な停電が起こった東京。ロウソクの灯りがゆらめく大都会の夜の、12人の男女の物語。

 

悪くはないけど良くもない。 

映像と音楽はキレイだったけれど、
見終わって心に温もりが残らなかった。  

ロウソクの灯りでファンタジーっぽく楽しめばいいのかもしれないけれど。。。

 

 

12人の登場人物、微妙にリンクしていてリンクしていない。。。  
どうせなら 世間って狭いねぇ~!! 
ってびっくりするほどリンクしちゃってもよかったくらいw 


役者さんたちは良かったですね。

吉川晃司、ベタだけど良い役!
でもでもでも、 「銀ちゃん!!」 って呼ばれると
蒲田行進曲が頭をよぎる私は古いですか?(汗 

豊川悦司は相変わらずの絶妙の雰囲気だし、 
本郷奏多はテニスの王子様に見えるし(爆 

 

それに気にしたらダメかもしれないけれど、 
東京で停電起こっても誰も騒がないのがねぇ・・・・(_ _:) 

「あ、停電・・・・。」

なんでみんな ふ~ん、ってカンジで平然としてるの?
私なら大騒ぎするよw 

でも、ウチの非常用品、どこにあるか考えちゃったわ(;´∀`) 

 

ロウソクの灯りってキレイなのよねぇ。 
電気と違って こう揺れるでしょ、光が。 
夜になると人間深く考え込むと聞いたことがあるけれど、 
ロウソクの灯りはさらにそれを強めてしまうのかね。。


その灯りとジャズはとても素敵だったんだけど、
どの話も切なかったり笑えたりするんだけど
ストーリーにのりきれるものを感じなかった。

面白くなりそうな温かい雰囲気はあるのにどこか薄っぺらくて
火がつく前に終わってしまったような。。。
なんだかもったいないなぁ・・。

ブログランキング  にほんブログ村 映画ブログへ
   ↑             ↑ 
ポチッとクリックで応援してくれると嬉しいです♪

 

一番うけたのがBlendyかな(笑 
あからさますぎっっっ Σ(゚Д゚; 
あの状況で詰め替えするかなぁ。。。。。 いやしないねw 

カメヤマロウソクみたいにさりげなく宣伝してよ。 
ってそれもさりげなくもないかww