180THE CONSTANT GARDENER』 
2005年/イギリス/128分 

監督:フェルナンド・メイレレス 
原作:ジョン・ル・カレ 

出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ

地の果てで、やっと君に帰る。

 


ケニアのナイロビにイギリスの外交官として赴任したジャスティンはガーデニングが趣味の静かな男。しかしその妻テッサは弁護士であり活動家。夫にははっきり云わないが何かの活動をしている。 
ある日旅に出た彼女はトゥルカナ湖岸で殺害される。警察はよくある事件と片付けようとするが、事件後彼女のPCや資料はすべて警察に押収される。なんらかの事件性を感じたジャスティンはテッサの足取りを追っていくうちに、巨大な製薬会社と国の陰謀にたどり着く・・・。

 

夫婦の深いラブストーリーであり、重い社会派サスペンス。 
怒りを覚え、恐ろしくもあり、切なくもあり、感動の話でもある。 


見ている間は感動も何もなかった。 
ただただ圧倒されて。 

エンドロールが流れ出しても最後まで席を立てずに湧き上がる思いを感じていた。

 

以下少しネタバレかもね。

 

 

ジャスティンが思い出す妻はいつも笑顔。 
記憶ってのはそういうもんだろうね、そして切なさが悲しみが増幅する。

どうして・・ どうして・・・ ばかりでてきて。


たどりついた答えは 自分を守るため。

知ってしまったら巻き込んでしまう。
夫としても外交官としても・・・。


すべてを打ち明けて共有することが愛なのか、 
秘密にして心配をかけずに危険から遠ざけることが愛なのか、、、、。


テッサの足跡をたどればたどるほど、彼女の愛を知る。 
少しでも疑ったことを後悔する。 
ジャスティンにとって帰る家はテッサだけ。
すべてを知ったとき、彼はテッサにやっと帰る。。。 


ラストシーンは衝撃でした。 
「帰る」 この意味がこういうことになるんだ、と。 
愛を貫いてそこに帰るのか、と。

テッサは愛に対して強く見えるけれど強くあろうとした女性だと思う。 
だって彼女をここまで活動にのめりこませたのは この夫婦の子供がきっかけ。 
いくら強くても、子供を失う悲しみは計り知れない。 
それは母親のほうが深い。
その悲しみから逃れようとしていたようにさえ見える。 
(それにしてもレイチェル・ワイズの妊婦姿、どうやったんでしょ・・・(´ヘ`;) )

 

衝撃的なシーンは何度かあるけれど、
視覚的にはっきり見せないので えげつなくはない。  
(それでもそのえげつなさは伝わるが・・・。)

ストーリーはジャスティンの回想として進むので、時系列はかなり飛ぶ。 
でもわかりにくい、混乱する、ってことはない。

わかりにくかったのは情報局やらなんやらのおじ様方!!
どちら側の人間で、どこに所属しているのか? 
それに中盤までとまどったわ(汗  


 

 

さて、この原作、ケニアでは出版禁止されているらしい。 
でも映画は別として全面協力してくれたそう。 

実際にケニアにはこんな事実はない 

ここを強調して・・・。

 

その問題点というのが新薬の実験。 
そういう仕事もあるし、病院ではそういう薬を了承の上で使用することもある。

だが、字もろくに読めない人たちにその実験をしていたら・・・?

しかもその薬は副作用のでる欠陥品だとわかっていたとしたら・・・? 

字もろくに読めない人たちに同意書なんて意味ない。
開発やり直したら金かかっちゃうし、このまま売っちゃえ!!

ミドリ十○みたいだ。 
ってことは実際あるんだよねぇ、、。  

 

「いくら新薬の実験で死亡者がでたところで、この国の死亡率からしたら誰も不審がらない。彼らの命は軽い。」

命の重さに差はあるのか? 
目の前で救える人がいるのに救えない?
救いを求める人はたくさんいるから1人だけを助けられない? 

乾いた大地、あの子供たちの笑顔、瞳、忘れられない。。 

 

 

試写会場でアンケート・感想に答えました。 

評価を「蜂」で表すんだけど 最高が蜂3「ハチミッツ」 


あの製薬会社のマークかよ・・・・。
 


そう思うと複雑だけど、ハチミッツにしましたね。  
本当に良いと思えたから。
どこかの映画館に感想として展示されるらしい。 
私の感想はどこにいったのだろうw


ブログランキング  にほんブログ村 映画ブログへ