Vフォー・ヴェンデッタ V FOR VENDETTA

監督:ジェイムズ・マクティーグ
音楽:ダリオ・マリアネリ
出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング、スティーブン・レイ


2005年/イギリス・ドイツ/132分

  Vフォー・ヴェンデッタ

独裁国家と化した近未来のイギリス。第三次世界大戦の結果アメリカはイギリスの植民地とされていた。そこに現れた仮面の男”V”。あらゆる秩序をぶち壊す”V”とは何者なのか・・・・。

 

「マトリックス」3部作のクリエーターによる衝撃の宣戦布告!

 

って云われてもマトリックスまともに見てないからなんとも、、、、(_ _;)だけど。。

 

まぁ、全体的には面白かったです。
時間を感じさせない映画でした。

曖昧な表現しちゃうのは、かなり政治色が強いなぁ って感じたから。

褒めるのもけなすのも簡単。。。。

人気ブログランキング
    ↑
革命前にぽちっと♪

最初は褒めてみます!w


アメコミが原作だから、多少のことには目をつぶろう!
それができなきゃ もうこの映画を楽しむことすらできない(;´∀`)

どうしてそんなとこに入れるの? とか
どうやって逃げたの? とか
それは無理だろー? とか etc ねw

 

さて、この仮面の男”V”。 教養を感じさせる紳士なんだけど、、、

ウンチクが長い!!(爆

登場シーンの前説でびっくりしましたよ。

イヴィーも助けてもらっておいてなんなんだけど、

「あなた頭がおかしいの?」

それ正常な反応です(笑

 

で、最初はこの御仁、とにかく不気味さを感じるだけなんですがね、
意外とお茶目でもあります。

全身真っ黒の服で仮面つけてフリフリエプロンでクッキング♪

・・・・・あれって笑うシーンじゃないの??!?
劇場で誰も笑わなくて、堪えるのが大変だったんだけど(;´∀`)


鎧相手に映画見ながらなりきりフェンシングもお茶目w

でも悲しい雰囲気もあるのですよ。
イヴィーが出て行っちゃうときとかね。。。

全部同じ仮面なのに 仮面の下の役者さん、ヒューゴ・ウィービング、雰囲気出すのうまいね!!

正義は銃弾で殺せない!

う~ん、かっちょええセリフ!!
だから”V"様は銃を使わずカラテと剣ですか?w

殺した後はバラの花置くのもキザですねぇ~!

 

 

イヴィーのナタリー・ポートマンも流石の役者根性!

ピンクのフリフリスカートもかわいらしいぞっ(爆

しかも髪をバリカンでジョリジョリ剃っちゃう!
ちょっと前にシャンプーのCMに出てた彼女の美しい髪がぁぁぁぁ

でも丸坊主になったらなったで、頭の形きれいだし 余計に眼力がきいて光るんです☆
彼女でなかったらダメだっただろうなぁ~、って思わせますね。

しかし、仮面とずっと向き合っての演技ってやりにくそぉ。。。(´ヘ`;)

 




・・・で、結局”V”って何者?!

なかなかはっきり云わないのです。
もったいつけてくるんです。
結局かなり謎なんです。
そうかな?って人はいるけれど決定打はなし。

でも謎は謎でいいのかもしれない。

そこまで説明しちゃうと、説明っぽ過ぎてくさくなる。

この荒削りだけど作りこまれた美学を感じる程度、これできっと丁度いいんだわ。うん。

 

 

ここまで褒めたから次は けなすとしたらね。

なんか釈然としないのが残るんだよね。
面白かったんだよ、面白かったんだけどさ、
見終わったときの気持ちがねぇ、、、、複雑。

政治色が強い。

もちろんそれもある。
映画だし流せばいいんだろうけど、
独裁国家はナチを彷彿とさせるし、、、
まぁそれは狙ってたんだろうケド。

建物の爆破。

象徴となる建物を爆破することで変わる。。。。

 

う~ん、、、、私はねぇ、、そういうのうまく云えないんだけど

テロと革命の違いって何よ??

 

そういうところがね、、とってもわだかまって残っちゃったかなぁ。。。
(誰か教えて~~~)




 

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑ ↑
ぽちっとPINOKIOに元気を下さい♪

 

ちなみに”V”がつけてる仮面、フォークスの面。
1605年11月5日の火薬陰謀事件の実行者ガイ・フォークスからきてるのね。
議事堂の地下道で火薬を詰めた36個の樽とともに見つかって 未遂に終わった事件。
そこんとこ詳しいと もっと理解が深まるのかもしれない。。。


Vフォー・ヴェンデッタ 特別版 Vフォー・ヴェンデッタ 特別版
ジェームズ・マクティーグ ナタリー・ポートマン ヒューゴ・ウィーヴィング


売り上げランキング : 14
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る