『蝉しぐれ』 2005年/日本/131分
監督:黒土三男     
出演:市川染五郎、木村佳乃、ふかわりょう、今田耕司、緒形拳

原作:藤沢周平

 

 

東北の海坂藩。15歳の牧文四郎は学問・剣術に励み、親友や幼馴染のふくと共に貧しくとも幸せな日々を過ごしていた。しかし下級武士の父親が藩内の抗争に巻き込まれ突然切腹を命じられる。尊敬する父親をなくし、罪人の子として辛い日々を送る文四郎。数年後、筆頭家老から牧家の名誉回復を言い渡されるが、、、。


 

 

とても心に響く美しい作品でした。

 

原作を読まれた方、NHKドラマを見ていた方には評判が良くなかったようですが、
私はこれで十分。


映像も美しいし、役者陣は・・・・少しお笑い2人が気になったかな(苦笑  
でも脇をベテランで固めてしっかり魅せてくれました。
(でもお笑い2人も思ったよりも良くてびっくりしたw)
強いて言えば子役がちょっと・・・だったのがもったいなかったかな。

市川染五郎、こういう時代劇のほうが断然良い!
木村佳乃も品があって美しかったし。

 

親の敵、友情、初恋、藩の派閥争い・・・・。


前半の子役部分は少し長く感じ、染五郎の出番はまだかまだかと待つ。
でも父の遺体を引き取って蝉しぐれの中 坂道を登る文四郎とふくの姿は忘れ難い。
そして成長してからの展開はぐっと引き込まれ、子供時代の長く感じた描写が活きてくる。

戦いのシーンの流血がちょっと派手過ぎる気がしたけれど。。(汗

 

初恋はやっぱり実らないのねぇ、、、、。

とても苦しく切なく、でも美しく爽やか。
文四郎とふくが最後に語り合うシーンは (´;ω;`)ウッ… と。

 

四季折々の風景も美しく、移り変わる景色で月日の流れを感じる。 

でも秋の表現がほとんどなかったのは何か意図があったのかな。。。

 

 

日本って、日本人の心って美しい。

改めてしみじみとそう思った。

 

 

ブログランキング  にほんブログ村 映画ブログへ  貴方 左 釦 押 我 嬉♪