リバティーン
The Libertine

リバティーン

2005年 イギリス
監督:ローレンス・ダンモア
出演:ジョニー・デップ サマンサ・モートン ジョン・マルコヴィッチ

公式サイト

 

 

 

 

 

エロかっこいいジョニー・デップ。 R-15


上映館が少なくてびっくりしたw
CMや広告も少ないし。。。


鑑賞してそれは納得した。

 

これは一般受けは悪いだろうと・・・(; ̄▽ ̄)


鬼気迫る役者根性でちょっと自嘲気味なジョニーが楽しめる。

盛り上がりや最高の面白さはないが。

 

ジョニー演じるはロチェスター伯爵。
実在の人物です。

彼は実在の人物を演じることが多いなぁ・・。

 

 

ポルノ的なんて云われてたからもっとアレかと思ったら、
わりとそうでもなかった。

でも舞台で出てきた小道具や、セリフは私にゃぁ説明できません。
ええ、できませんとも!!

あのままお芝居が続いたらどうしようかと思いましたよ・・・ (;´∀`)


国王がフランスとの関係、議会、伯爵と問題山積みで頭抱えた後ろで
ワンちゃんがウ○チしちゃってたのは ナイスタイミング!!w
わざと? 偶然?

 

奥深く彼の人生を通して語るものがあるのかと思えば そういうものは感じず。
ただ、彼の人生を見せられる、
ジョニーの演技を見る。

 


 

「それでも俺が好きか?」

そんな目で云わないで頂戴。。。。。


 

 

私はそれでもやっぱり好きです。

 
にほんブログ村 映画ブログへ←最後にぽちっと♪



リバティーン リバティーン
ジョニー・デップ

売り上げランキング : 70
おすすめ平均

ジョニー・デップ・フォトブック ザ・リバティーン ジョニー・デップ・フォトブック ザ・リバティーン
ジョニー・デップ・フォトブック制作委員会


おすすめ平均

Amazonで詳しく見る