宇宙にバイパス工事なんて必要?!

 

地球最後の生存者となった男が、宇宙でのサバイバルを指南した銀河系最大のベストセラー「銀河ヒッチハイク・ガイド」を片手に広大な宇宙を巡る。

 


どうも笑いのノリについていけなかった。。。


地球がいきなり破壊されるところまでは面白かった。皮肉たっぷりでw

 

でも、ヒッチハイクというからには、予告で見たように親指立てて、
ガイド片手に色んな宇宙船乗り継いで、冒険旅行 だと思っていた。


でもヒッチハイクしたのって最初だけ。

 

あとはおバカなことの連続!!

ノレる人にはたまらない。
ノレない人には退屈。。。。


つっこむとかつっこまないとか そういうのもどうでもいい。


最新の宇宙船の船内が ボタンいっぱいでピコピコ光る。。。
セットまるわかり。

それはB級SFなのだから仕方ない。

 

ただ、どうしても笑いのツボが合わない(´ヘ`;)

笑えるところを必死に探して笑う、、、わけのわからない状態に陥ってしまった。

 

 

地球の誕生秘話まで明かされるのだけど、
そうねぇ、時々こういうこと云う人いるね(笑

「地球人は本当は飼育箱で飼われる虫のように、
 宇宙人から監視されて実験的に飼育されてるんだ」

・・・・・電波ちゃんだ。。。

 


唯一、気に入ったのは鬱病のロボット。
AI が進化しまくったら あんな鬱病にロボットもなるかもね!

 

 

ブログランキング ← 宇宙船じゃなくて笑いにノレなかった PINOKIOを応援して下さい(;´∀`)

にほんブログ村 映画ブログへ