伊賀と甲賀のそれぞれの跡取りであるふたり、朧と弦之介

つまり忍者版ロミオとジュリエット。


 

 

面白くないわけではないけれど、どうも内容が薄くてもったいない。 

仲間由紀恵、彼女の魅力が発揮されてないし。
オダギリジョーはかっこいいけど。

 

忍者たちは個性的で楽しかったよ。   

忍法ってよりも 

ザ・超能力バトル!! ほんとのバケモノは誰?! 
状態だったけど(;´∀`)


特に椎名桔平!!
「不死身か?!」 
「死ねないだけだ・・・」
  
って、、、その風貌で最初誰かわからんかったよ。ステキに怪しすぎて!! 

「あずみ」の美女丸を彷彿とさせたね。  あ、あれはオダギリジョーかww


黒谷友香も色っぽくて悲しいし いいねぇ~。 


他の忍者たちは   今のマジで死んだん?!Σ(゚Д゚;エーッ!    

ってくらいに次々と没していくんだけどさ(汗   


それに 里に残った人たちは激弱。 無防備。 
各5人の精鋭部隊しか強い奴(バケモノ)はいなかったのだろうか。。。 
 

 

アクションや映像はとってもきれい。 

色彩やワイヤーアクションの使い方なんか中国系映画、特にHEROを思い出した。 
意識してるんかねぇ。 

新しい時代劇、ってカンジで良かったっす!  

 

しかし、ロミオとジュリエット的な悲恋にさほど説得力なし。  
死闘も、あれで終わり?! Σ(゚Д゚;エーッ!   

それがとってももったいなくさせてるんだよね。 
もうストーリーは捨ててるとしか思わざるをえないほど。。。(汗  

 

 

映画ファンドで話題になってたなぁ~って思ったらば、最後に投資家の名前が延々と。。。 
もし投資してても名前探すの大変そう(汗 

まぁ今度面白そうな映画あったら投資しますんで、 これに懲りず映画ファンド出してくださいね~ 
 
四露死苦!!