原題 「North Country
邦題 「スタンドアップ

最初、仮題となっていたのに結局そのまんまらしい。
でも最後にこれが効いてくる!

鉱山で働くシングルマザーが、アメリカ初の集団セクハラ訴訟を起こす実話に基づいた作品。


B000F1IP38

監督:ニキ・カーロ
出演:シャーリーズ・セロン
フランシス・マクドーマンド
シシー・スペイセク
ショーン・ビーン

2005年/アメリカ/126分


 

2人の子供をかかえるシングルマザージョージー。
子供の父親が違うため、アバズレ呼ばわりされているが
誰かに養ってもらうのではなく、自分で自分と子供たちを養いたい。。!!

それゆえ父も働く 給料の良い鉱山で働く。
しかしここは男社会
女に仕事をとられている、と思う男たちの執拗なセクハラ。
これでもか、と繰り返される卑劣極まりないいやがらせ。
言葉にもできないような落書きや罵声。
反抗すればさらにエスカレート。

それでも耐える、戦うジョージー、、、子供のために、自分のために。

 

実際ここまでひどいことがされていたのか、と怒りがこみ上げる。
今では女性の立場も強くなったが、このころの彼女たちには「セクハラ」という言葉さえなじみがない。

あまりの仕打ちにくやしくてくやしくて 途中でこぶしをにぎりしめていた。
シェリーが簡易トイレに閉じ込められるシーンは あまりのことに私もトラウマに。。。!!
簡易トイレにはもう入りたくない・・・・

女に対する差別、息子との確執、父親との確執、さらに小さな村気質の人々、つらい過去、、、
そのすべてに対して立ち上がる。味方は誰もいなくても。。。


ジョージーは顔はもちろんススで真っ黒、手もすごく荒れてて、爪も真っ黒。
(それでもキレイだけれど・・・w)
一人ロッカールームで泣く繊細さも持ち、そして強さも持つ。

シャーリーズ・セロン、この作品の引き合いによく「モンスター」が取り上げられているが
比較対照として 同じ体当たり演技でも全く別モノだと思う。

スタンドアップ

皆が立ち上がるときは 救われた気持ちと感動で胸が熱くなる。

 


ただ、アカデミー主演女優賞はあっても作品賞はないかな、、。 なんとなくね。。

 

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ポチッとクリック♪ PINOKIOに元気をください!

 

 

North Country
Original Soundtrack
B000BEZP7I

↑サウンドトラック♪