見る度に怒りを通り越して笑うしかない映画。


「パールハーバーは糞映画~♪
 ベン・アフレックには俳優養成学校が必要~♪」 
チームアメリカでの最高の歌であるw

旦那がそんなに最低な映画を見てみたい、と言うので借りてきた(笑

 

ここまで歴史観を無視したくせに 
歴史映画を気取ってるところが気に食わないわな。
大金投じてこれかよ! って思っちゃうね。 


真珠湾攻撃ってのは史実ではある。日本はたしかにそういうことをした。
でも 「ニイタカヤマノボレ」 知ってたでしょう? 
だから空母とか移動させて、被害を抑えたんでしょ? 
ルーズベルト、及び上層部がびっくりしてるような表現は解せないな。

民間人への無差別攻撃もやけに強調されてるし。 
零戦のカラーリングは緑だし。(ほんとは白のはず) 

攻撃受けながら「第二次世界大戦だ!」ってセリフも完全におかしいでしょうが。

さらにその日本の最高機密の軍事会議が 
なんで野外で神社で子供の遊んでるそばで行われてるのかな?? 
戦時中なのに横書きがすべて左から右なのはなんでかな??

日本人役はすべて吹き替え。 
大塚明夫みたいな大物声優つかってるんだけど、 
イメージってもんが全く違うでしょ。 
おじいちゃんにあの声は合わない。

さらに ジャップ ビッチ 連発されたら気分悪いよ。やっぱり (´ヘ`;)


肝心のストーリーも脚本がご都合主義すぎる。
登場人物の心情も何もあったもんじゃない。 
浅い、浅い、浅すぎる ( ゚Д゚)ゴルァ!!

恋人が戦死して、その友人と付き合いだした女。 
ところが戦死したはずの男が帰ってくる。 
戻ってきた男に「一生は彼に捧げるけどあなたを愛してる」 
そして今の男には「愛してるわ、戻ってきてね」

なんちゅーか、、、、 
まぁこういうもんなんかもしれんけど、、、 
勝手な女ですよ、まったく、、、。都合良すぎ。

最後もちゃっかりハッピーエンドだしさ ( ´Д`) <はぁー・・・


結局は戦争がダメなんだけどさ、
アメリカが作った映画だからこういうもんなんだろうけどさ。
たしかに日本も悪いですよ、めちゃくちゃしてましたよ。 
でもアメリカは被害者、っていうのを前面に押し出してて 
自分の正義をおしきせた感じがねぇ。。。いただけない。

ほんとはギリギリまで京都に原爆落とそうとしてたくせに 
「京都は文化財の宝庫、人類の宝。だからやめました」 
なんて未だに信じてる人がいるのが恐ろしい。。。


チームアメリカであの歌が流れた時はだから嬉しかった(笑
きっと私の人生でもう2度と見ることのない映画です。