ブルース・ウィリスのアクションサスペンス。


助ける命を選べるか?
人質交渉人として、人質を救出するのか?
一人の父親として妻子を助けるのか?


うむ~、可もアリ不可もあり、結果まあまあですw

 

オープニングがまず凝ってて、おぉ~!! と思うわけだが、 
本編が始まってびっくり!

誰やねんこれ ( ゚Д゚) ?!

髪の毛ふさふさロン毛、おまけにヒゲもふさふさ。 
頭部に毛という毛を生やしまくった謎の凄腕交渉人が現れる。
(旦那は真剣に誰かわからなかった模様ですw)


その交渉に失敗して一年後、町の警察署の署長として
今度は見慣れた頭の彼が登場します。  

実の娘が娘役、(デミ・ムーアとブルース、両方に似てるけど似てるけど・・・・・) 
そして離婚の危機、髪は、、、剃ったのか?はげたのか? 
とにかく精神的にえらいダメージを負ってるようです。

立てこもる犯人達は、若者三人組。 
流れ者と強気な兄と弱気な弟。 
車が狙いだったのになりゆきで立てこもっちゃう。 

金持ちの家の鉄壁のセキュリティーシステム。 
しかし、この金持ち、実は悪事に加担してる会計士。
家の中には大事なDVDが!!

ブルースはその組織に家族を人質にとられ、協力することに・・・

 

2つの事件が同時に起こるわけだが、 
なんか、、なんか、、色んな映画の要素のカンジが。。

立てこもった犯人も、若者特有の一過性の感情での行動なのよね。 
あんまり彼らの心理はわかんない。

それをもっとブルースが交渉人として復活して、 
鉄壁のセキュリティーの家を攻略していくのかと思いきや
そうでもなし、、、、(´・ω・`)ショボーン

人質のお子様が活躍、ってのはお約束。 
彼しか知らない「秘密の通路」なんて、ちょっぴりホームアローンっぽい。
でもお笑いではなく、頑張ってくれるんだ。 
思わず応援したくなっちゃう!!

そして犯人マースが追いかけてくる様はホラーだよ、ホラー!!(゚Д゚;∬アワワ・・・  
換気口のダクトの中這いずり回ってるところとか、怖すぎっ

結局、悪の組織ってなんだかわからないんだケド 別にそれはそれで良し。 

交渉人でもある彼に 
「交渉はしない。お前は要求をのむだけだ」 
ってのは なんともきびしいお言葉だったケド。。。(||  ゚Д゚)

 

どちらかと云うと、心の葛藤や精神面での戦いが多く
ダイハードほどのアクションはない。

ダイハードみたいなのを期待すると面白くないだろうケド
適度にドキハラできる作品でした。