CATVで観ました。


原因不明の死亡事故が続出するエレベーターの恐怖を描いたパニック・ホラー。

 

主演はナオミ・ワッツ。 

 

子供の頃、エレベーターに閉じ込められたとき 
「このまま落ちるかもしれない。。」 
と思った 恐怖がよみがえりましたよ・・・

 

原因不明の事故、って云っても 
このエレベーター ほんと無茶苦茶してくれるんだ!


妊婦がたくさん乗ってるエレベーター長時間止めて缶詰状態。 

いきなり底が抜けて奈落の底へ。

逆に上まで連れられて行って上からポーイ!

盲導犬連れた人はチーンて音だけで乗ろうとしたら 
エレベーターきてない!
(これが一番ショッキングだった。。)

ワイヤーがからみついたり、ギロチンあったり。。。


前半ずぅーっとそのエレベーターの大暴れ行動を見せられる。

後半その謎がわかるのさ。

その原因がちょっぴりB級?C級かもしれない。

 

それでもそれでも 

なんだかすごーく怖いの!!((;゚Д゚)ガクガク

何が怖かったって、
やっぱり前半のエレベーターだよ、エレベーター!!

次の日エレベーター乗るとき、
旦那と2人で顔見合わせちゃったもん(笑


普段はただ便利~と思って使っていて 
さらに、便利とすらも思わずあたりまえのようになっている。 

そういう身近なものでの 恐怖。

 

ナオミ・ワッツの雰囲気とも合ってました。 
特に人物を掘り下げたところはありませんが。
まぁ、 パニックホラーだし。 
主役はエレベーターだし(爆

 

ストーリーと関係ないとこでなら、

託児所の保育士のおばさんが怖すぎっすw

典型的日本人もチョイ役ででてきますw

あとエンディングがエアロスミス!! 
それ聞きたさに、最後までエンドロール見ましたよ(笑