CATVで見ました。


映画の内容などは全く知らず、
「ショパール」が作った 純金に510個のダイヤモンド
散りばめた(総385カラット) 1000万ドルの 蛇のビスチェ 

が見たくってw  


まぁ、期待して見なかったから 落胆も少なくてすんだ。  
わしの中でのメインは ビスチェ だったしw  

アントニオ・バンデラスが なんか今回情けなくって 冴えなくって  
それでも濃い顔で存在感 あるんだけどさ

これは題名通り、(ファム・ファタール=「宿命の女」)  
女性を楽しむ映画でした! わしにとっては!!  

モデル出身のレベッカ・ローミンの  素敵なスタイル! 
なんであんなに 胴体が短くて足が長いの?!w
(サービスカットもちょこちょこアリ ( ̄ー ̄)ニヤリ)
リエ・ラスムッセンの全身迷彩服の後姿もたまらんです (オヤジかよ・・・) 

え?!ストーリー??  
あー、こういう話は好きじゃないなw  
漫画でもよくあるパターンだけど。  
途中までは楽しく見れたんだけどねぇ。  
まさかっ まさかっ あの結末?!?! それはいやだあああ!!  
ってとこにもってこられちゃって、( ´゚д゚`)えーーー!? でした。 チャンチャン♪