近くのレンタル店で借りてきました。


大統領暗殺計画を聞いてしまった 国連通訳(ニコール)は
それがきっかけで 自らも命を狙われる。
でも彼女も共犯者かもしれない。。
ってな内容。

 

うーん。イマイチじゃない?
予備知識無しで見た所為か、
しばらく話に入れずにおいていかれた。。(-_ー)  

彼女の過去やらが唐突に出てきて、??となったり。  
というか、そんな過去があやふやな人を 国連で雇ってたんですか?!w

民族紛争、テロリストなど リアルの世界で起こってる問題を取り上げた
重苦しいテーマなので 重苦しい雰囲気は仕方がないんだが。。。
(かなりメッセージこめられた作品であるとは思う。)

ニューヨーク国連本部内での撮影が初めて許可された映画 
らしいですが。。。 ふーん、って感じw

ニコール・キッドマンが美しいので 最後まで見れました。